2008年10月31日

有機EL照明って、ご存知ですか?

有機EL照明ってのがあるらしい。
よくよく見てみたら、結構前からあるっぽい。
今頃知った自分、ちょっと恥ずかしい(汗)

で、最近?なのかどうか微妙だが、この有機EL照明にコイルを搭載して、「照明だけでなく音も出す」こともできるようだ。


しかし、見れば見るほど薄い照明だな〜。
なんだか、未来なデザインだと思った。


■有機EL照明
http://www.gizmodo.jp/2007/10/ceatec2007el.html


■有機ELとは
http://konicaminolta.jp/about/research/oled/about/
posted by hata at 00:29| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

mixiで年賀状ができるらしいよ。

そういえば、mixiで年賀状が出せるようになるらしい。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20382657,00.htm


ん〜、色々と面白いこと考えるな〜。

ま、私は年賀状、手書き派ですけどね!
posted by hata at 00:00| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

【野尻 知里】人工心臓開発

【野尻 知里】人工心臓開発 プロフェッショナル仕事の流儀 2008年10月28日(火)22:10-22:50

■夢を恐れず、走り続けろ

■夢を追う人は、強い

■夢をあきらめない

■苦しいときは、それがスプリングボード(飛び板)になる。
 苦しいほど、成長できる

■プロフェショナルとは、
 まず大事なのは、何をパッションに思えるか。

 それを見つけたら、しつこく粘り強く進み続けること。

 障害をみつけたら、それをスプリングボードにすること。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(感想)
この人がすごいと思ったのは、英語の発音がよくないのに、
海外でバリバリ働いていること。

学生の自分の国際学会に行き英語で自分の研究内容を発表したのだが、
その際、聞き手(外国人)は英語が下手だと全く聞いてくれなかった。

「キレイな発音ができないと、外国人はシビアだな〜」と思っていたが、
それは自分の勝手な思い込みだったのだと思った。

英語は気合でどうにかできるものなのだ。
大事なのは、気持ちだ。
気持ちで負けてはいけないのだ。


野尻さんは強い人だ。
つらいときがあって落ち込んでも、泣いて、それで立ち直るらしい。
夢がある人は、強いんだな。



http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/081028/index.html
posted by hata at 22:54| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

【若林克彦】 発明家

(感想)
「とにかく絵に描いてみる」という点は、とても賛同できる。

『アイデアはペンから生まれる』という言葉があるとおり、絵を
描いていると色々と面白いことが新たに出てくる。

多分、描きながら頭の中(思考)が整理されていくのではないか、
と思う。
(多くのビジネス書にも似たことが書いてある。)


日本のモノ作り、その心は本当に失われつつあるのだろうか?

本田宗一郎の「夢を力に」を読んでから、「そうかもしれない」、
と思う部分もあるのが正直な気持ちだ。

おっちゃん達は、すごい。
自分にできないはずは、ない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【若林克彦】発明家 カンブリア宮殿 2008年10月27日(月)22:15-22:55

■ハードロックナットを発明した男

■生まれたての製品は 気合で売り込め

■100を超える特許を生み出してきた
  ↓
■発明のコツ
  □ひらめいたものは、とにかく絵を描いてみる
    ・絵を描いているうちに、アイデアが付加されていく
  □アイデアは、とくにかく作ってみる

■問題となっている、若者の「モノ作り離れ」
  □高校が近隣の企業と手を組んで、学生を実践指導
  □全日本学生フォーミュラ(大学の働き)

■モノを作って喜びを感じてもらう
  □企業がモノ作りをバックアップしていく

■自分の作ったモノがマーケットに出て、人を喜ばせている。
 これを「いいな〜」と思うことが、本当の喜びである。
posted by hata at 23:04| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。