2008年02月21日

★報告 〜端っこに座ってみた〜

前回、「なぜ、多くの人が電車の座席に座るとき、端っこに座りたがるのか?」というテーマでブログを書いた。

で、コメントで「実践してみたら?」的な何かを頂いたので、実践してみた。


結果、



  やっぱり、妙に落ち着いた。


そして、


  どことなく、懐かしさを感じた。



ん〜、やっぱり端っこは良いみたい。
だから、大体の人は端っこに座るんだ! なんとなく、納得!



[後記]
けれど、

  前に座っていた人の体温がお尻から感じられ、なんだか切ない気分になった


ということも、事実だ。


実践される方、お気をつけあそばせ。
posted by hata at 21:27| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

気になる事

結構前から気になっていた。

電車内でのことだが、どうして皆さん端っこに座りたがるのだろうか?

端っこの人が降りていったら、大体の人がわざわざ端っこに移動する。

なんで?



電車乗車歴が短い自分は、どうしても分からん(汗)
posted by hata at 23:10| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

マイナスイオン・ドライヤー

5年間愛用していたドライヤーが、先日、火花を吹くと共にご臨終してしまった。

あぁ、結構気に入ってたんだけどなぁ。
バチッって言って火花吹いた時は、さすがにビックリしてしまった。
それから、うんともすんとも言ってくれない。


ということで、5年ぶりにドライヤーを購入。
マイナスイオンのやつで、3000円ぐらい。
友達のマイナスイオン・ドライヤーを使って感動した事があったので、実は前々から気になっていた。

で、使ってみた。
ん〜、良い感じ。
何だか、髪の毛サラサラ。
心、フワフワ。

3000円ながら結構やる奴だなぁ、と思っている。

で、マイナスイオンがどんな感じで作用しているのかが気になってきた。
マイナスイオン=水の電気分解 というイメージが何故かついている。

ちょっとリサーチしてみようかな。



[後記]
使い始めて3日目、買ったドライヤーがマイナスイオンのON/OFFができる代物であって、それまでOFFになっていたことが発覚。

もうちょっとよく見ないとね。
posted by hata at 23:21| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

セヴァン・カリス・スズキ - 環境サミット1992

色々と考えさせられる動画。


 http://www.youtube.com/watch?v=XjlUyVnDGIA



全ての大人が、小さい頃はこういうことを考えていたのでは?と思う。
けれど、成長するにつれて見えなくなってしまったのだろう。
全部が全部そうじゃないにしろ、そういう人もいるはず。

でも、それは不自然じゃなくて、寧ろ自然なのかも。
人間は強欲な生き物だし、環境によっても変わるから。

ただ、こういう気持ちを持って、そしてそれを勇気を持って発信してくれる人の存在は物凄く良いと思う。


この気持ち・想いに答えるためにも、何かできないかと思えた。

とりあえず、
 ●小まめな節電・節水
 ●洗剤は使いすぎない
 ●ゴミもできるだけ捨てない
 ●できるだけ夜遅くまで起きない(節電の一環)
 ●近距離なら車に乗らない
ぐらいは、すぐにできそうだ(寧ろ、既に実行している)。

とりあえず、環境についてもっとちゃんと考える必要があるだろう、と。

地球に優しく。
地球に優しいマンになろうと、そう思った。

            ■

自分の気持ちを発信するって、本当に大事。
これは、この1年で痛感したもの。


自分の気持ち・想いを発信するとは、実はとても勇気が要ることだと痛感した。
今までは簡単だと想っていた。
けれど、実際行動してみたら雲泥の差があった。


理想(空想)と現実は違う。

ただ吠えていただけ(?)の自分が、小さく見えた。
(その分、成長できたんだと思っている。)



よし、やるか。



[後記]
この子、物凄くスピーチが上手い。
(1992年の映像だから、下手したら俺よりも年上。)


  「大切なヒト・モノを守るためには力が要る」


常日頃そう思っている俺としては、この力に魅かれ・勉強させられたモノが沢山あった。
posted by hata at 22:08| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

初めてのラウンド・ワン

恥ずかしながら、昨日、初めてラウンド・ワンのボーリングに行った。

ボーリングはしたことあったけど、ラウンド・ワンでするのは初めて。
何故か、ラウンド・ワン=ゲーセンっていうイメージが強かった。

で、初めてのボーリング at ラウンド・ワンだが、かなり勉強になった。

大体、1ゲームに1回ぐらいムーンライトストライクゲームというのがあって、一斉に照明が落とされてレーンが青白く光、その番の投げる人が一斉に投げ出していた。

ん〜、何を書いてるか自分でもわからなくなってきたので、詳細はこちらを参照願いたい。

 http://www.round1.co.jp/service/bowling/bowling.html


ラウンド・ワンめ、味なマネをしてくれる。
いや〜、勉強になった。

今までのボーリングとは一味違った演出で、何だか面白かった。
合コンとかだったら、結構盛り上げるのでは?と思う。


[後記]
丁度"ムーンライト何がし"の番が回ってきたのだが、結局ガーターだった(苦笑) 次こそは、ストライクだ。景品、ほしいし。
posted by hata at 23:21| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。