2007年11月30日

なんだこれ!? 透明か!?

裸の王様。
いや、お妃様?


q.jpg


首だけ、かなりあったかそう。
ザ・ニューファッション、ココに現る。


[後記]
勇気を出して、撮ってみた。
posted by hata at 22:28| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

その瞬間・・・

ラウンド1にて。
ロデオマシンにブンブン振り回されてる同期を激写。


rodeo.jpg


牛のぶれ方がいい感じ♪


[後記]
同期はこの後、ぶん投げられた。
合掌。
posted by hata at 21:57| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

ちっちゃなオシャレ

この間ブランチを食べた、大阪駅内にあるとあるお店にて発見。

コーヒーに入れる砂糖をつかむやつ。

osyare.jpg


まぁ、どこにでもある様なものかもしれないが、気付かない人は気付かないだろう。

こういう細かい点でも変わっていたり、気遣いがしてあると、そのお店のレベルが分かる気がする。


[後記]
気付くか気付かないかのオシャレって、個人的にはアリだと思う。
posted by hata at 20:35| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

古きよきデザイン、好きです。

1ヶ月程前、職場で古いドライヤーを見つけた。

dryer.jpg


見た目は少し汚れてますが、色使いとかバランスとか、そういうデザインがたまらない。

しかも、よーく見たら、日立製!



手で持つところよりも、空気が出る方が短かったりするところとか、明らかに「コイル入ってます。」的な丸い部分も素敵。

今は何だか近未来っぽいデザインが多くて、まぁ、それはそれで良いと思うんだが、こういう古いモノを見たほうが感銘を受ける。

他にも、外国のレトロな家具とか、そういうモノのデザイン・色使いも素晴らしい。


薄い水色に白のフォント。
フォントの形。 大きさ。 太さ。 間隔。

どれも絶妙なモノばかりで、すごく刺激を受けてしまう。


どことなく懐かしい・癒される気分になる。
こういうデザインをやりたいと思った。


[後記]
もっと色んなモノを見て回ろう。
フットワークは軽く。 雲を歩けるぐらいに。
posted by hata at 20:49| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

すぐ見れるけど、多分誰もあまり見たことがないと思われる画像。

全ての意味を、タイトルに込めて。


パカッと開けてみた。


mintia.jpg


意外と、何だかどことなく迫力を感じた(笑)


[後記]
これを、世間一般に"辱め"と言うのだろうか?
posted by hata at 23:55| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

久しぶりの石焼き芋♪

今日は資格試験の日だった。
(実は、今週はあと4日試験日・・・。)

試験(勝負)の日は、お昼ごはんは軽めに済ます様にしている。
食べ過ぎると、胃に血液が集中して頭が冴えないからだ。

なので、必然と夕方とか、試験が終わった後はお腹が空く。


住まいのある駅に到着したら、やっぱり空腹感に襲われた。
もう限界。
でも、もう16時・・・。


そう思っていたら、これが目に飛び込んできた。

yaki_imo.jpg



値段を見ると294円。 安い!
で、一番大きい奴を購入。


金額、540円。



100g 294円だった〜・・・ orz
やられた、騙された、謀られた・・・。
この手の罠に弱いんです、ワタクシ。


けれど、食べ見たらほっこり暖かくて、やわらかくて、甘かった。
申し分なし。


久々に焼き芋食べたけど、やっぱり良いなぁ〜と思った。


[後記]
今度、本気で焼き芋してみようかな。
posted by hata at 20:39| 京都 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

ご自在に迷うな 〜シンガポールの吉野家Web〜

吉野家のシンガポールサイトを発見。

 http://yoshinoya.com.sg/


色んな意味で、意外。 そして、すごい。

特に、一番最初に言われる「ご自在に迷うな」。
どうも "Welcome! Do wonder freely!" の日本語訳っぽいのだが・・・。


日本語を下手に英訳すると、こういう感じになるんだろうな〜・・・と、ちょっとチクリと胸が痛んだ。

英語、頑張ろう。


[後記]
意外な程にかわいい(笑)
posted by hata at 16:57| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

勝てねぇよ、全く。

本日、会社を後にして家路に着いた時のこと。

正面から何かやってくる。

シルエットが若干気持ち悪かったので「何なんだ?」と思っていたら、なんと、片手でたちこぎしながら携帯で話す青年に遭遇。


しかも、下り坂で。


なんで立ちこぎ!?
てか、携帯で話してる? なんで?

なんで立ちこぎ??

なんで体があんな方向に曲がってる?

なんで立ちこぎ???


奴には勝てない
そう思った。


[後記]
折角バラード聴いて癒されかけた心が台無しだ・・・。
posted by hata at 23:02| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

ピクトグラム 〜これだ、これ!〜

『ピクトグラム』
情報を絵文字にしたもので、言葉を用いずに一目で意味を理解させることができるもの。


これからはこれだ、これ。

長くダラダラとして文章を読むよりも、それを一瞬で分かってもらえる。

伝えたい事をただただシンプルに、最重要な一点のみ伝える。



それで十分だ。
posted by hata at 20:17| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

数百テラビットの世界、実現か!?

11月16日の日経朝刊より。

東北大学の研究チームが、QAMという技術を開発したらしい。
今の"光通信の限界"を突破できるそうな。

このQAMを使うと、現在の光通信の10倍程度の数百テラビットの光通信が可能らしい。

 テラ[T] = ギガ[G]×1000
 ギガ[G] = メガ[M]×1000

なので、現在、例えばNTT西日本が提供している通信サービスが100Mの早さなので、その1万倍となる。


この速度が実現すると、フル規格のハイビジョンより4倍高画質のデジタルシネマが瞬時に伝送可能らしい。


ん〜、そこには凄い世界が広がってるんだろうな〜・・・。
で、この技術が実用化されると、これじゃないと実現できない他の技術やライフスタイルが確立されて、今のそれよりももっともっと未来的なスタイルが確立されるはず。

そこは、どんな情景なんだろうか・・・。


段々楽しくなってきた。

[後記]
テラ・・・。
とうとう実現か。。。?(一応、?を付けておく。)
posted by hata at 22:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

地下要塞!? 〜日本初・地下データセンター〜

どうやら、地下にデータセンターができるようだ。 日本初。

地表から100mの地下に作られるこの代物。
450億かけて造られる。
2010年 4月から稼動開始。

因みに、場所は"中部地方の鉱山跡地"。
硬い岩盤で守られているから、地震にも強いとか。

国内外の企業11社が参加。
日本からは、伊藤忠、新日鉄ソリューションズなどが参加する。

一般的なデータセンターにおいて、電力消費置の約4割は装置を冷やすための空調設備だ。

従って、自然と「この部分のコスト削減」が課題の一つに挙がる。

その点このデータセンターは、風ではなく"地下水"で装置を冷やすから、最大5割、年間で10億8千万の電力コスト削減が可能らしい。


ん〜、地下要塞か・・・。


日本の未来を明るくする様な存在になってほしい。

[後記]
今日は調子が斜めだから、こんな気分で頑張ろうと思う。


ganbaro.jpg


職場にあった代物。  いい感じ。
posted by hata at 22:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

インフルエンザ 流行の兆し

「インフルエンザ 流行の兆し」。
夕飯を食べながらニュースを見ていたら、こういうニュースが放送されていた。

どうやら、去年に比べ1ヶ月半早いらしい。

ん〜、寒くなるのは遅いくせに、インフルエンザの流行は早いんだな(苦笑)


手洗い・うがいが肝要だ。


[後記]
先日、お稲荷さんの総本山らしい『伏見稲荷大社』へ行ってきた。

紅葉を狙って・・・というか、願って行ったが、案の定紅葉はほとんどなかった・・・。

けど、大社だけあった、色々と面白い発見があって損はしなかったと思う。

inari01.jpg


inari02.jpg
posted by hata at 23:02| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

ルー語でかるた

ラジオから、ふとした瞬間、ふとしたニュースが舞い込んできた。

どうやら、今、巷を再沸騰させてる彼の話らしい。

彼、出したらしい。

ルー語でかるた


ん〜、これでも「一緒にtogetherしようぜ!」と言われるのだろうか?


[後記]
ラジオで「今年再ブレイクしました、ルー大柴さんが・・・」と言われたのが、どうも気になる(笑)
posted by hata at 23:06| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

できるか、究極のコミュニケーション。 他1点。

『究極のコミュニケーション』という言葉を、先々週は2回程目にした。

それは、多分たまたまだろ思うが、偶然すぎてもいない気がする。


「究極のコミュニケーション = 何も言わなくても分かること」らしい。

他には、"以心伝心"とか"阿吽の呼吸"とか言われるものだ。

簡単に例を挙げると、サザエさんの波平さんとフネさん夫婦だ。

上の例の様に、やはり長年連れ添っているとか、熟練の状態に至らないと不可能であろうと思われる妙技だが、これを現代の技術で瞬時に実現することは可能なのだろうか??

コミュニケーションの重要性が嘆かれている現代、どうなっていくのか、自分がどうできるのかが楽しみだ。



■高性能カーナビはどうなる?

どうも、近未来ではカーナビでネットができるらしい。
まぁ、当然と言えば当然の結果だろう。

ドライブ(特に、デートプランで困った時)に、いい効果をもたらしてくれるならいいと思う。


[後記]
ちょっと前からだけど、やっぱりキーワードは「高速」、「大容量」。
posted by hata at 23:12| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

巣篭もる20代 〜車が売れない〜

どうやら、最近では"若者の車離れ"が目立っているらしい。
車が売れてないんだとか。
売れているのは、結構上の年齢層だそうだ。

『巣篭もる20代』

外に出ず、活発性な行動をしない若者。
パソコンでネットとか、屋内でできることが増えたのも原因らしい。
あとは、高いからなど、まぁ一般的な理由が多いらしい。

「高いスペック(高機能)の車が好きな"車マニア"は、今の若者年代じゃ痛い人ですよ。」などと言う人もいる様だ。

なるほど、確かにそうかもしれない。

ま、僕は全くそう思わないけどね。
車は最高♪



それにしても、車が売れてないのは意外だった。


[後記]
電気自動車はどうなんだろうか?
posted by hata at 23:47| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

教師をめざす若者たち

実際に見るのと見ないのでは、受ける印象も感じることも違う。


毎朝電車で通勤・帰宅しているが、社内で目立つ「うるさく騒ぐ高校生・中学生」が結構目立つ。

昔は自分もああだったのかも・・・と思い、その時の報いが今やってきているのだと我慢はしているものの、やっぱりもうちょっと静かに喋ってほしいな〜と思う時もある。

こういう事態が多く続くと、「また学生か。」という気持ちさえ芽生えなくもない。

日本の将来に、期待が持てなくなる瞬間の一つだ。
(いや、寧ろ逆に、良くなる前兆かもしれないが。)





だが、今日は違った。





満員電車の中、黙々と本を読む女子高生が一人。
一見すると、とてもそういう本を読みそうにない彼女が手にしていた本は、これだった。

 教師をめざす若者たち


正直、負けた気がした。 焦った。

そして、「負けられないな」という思いと「やっぱり、自分はまだまだやれるな。」という気持ちが押し寄せてきた。


彼女がどういう目的でその本を読んでいたのかとか、どういう夢を抱いているのかという明確なことは全く分からないが、ただただ「その想いを貫いてほしい。」と想った。


[後記]
どんな分野・どんな人でも、良い人は良い。
この気持ちは持ち続けていても損ではないはず。
posted by hata at 22:14| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

ピタドラスイッチ

NHKで初めて見た時から、すっかり気になってしまっている。
始めてみたのは、まだ学生の時分だった。

 ピタゴラスイッチ その1


 ピタゴラスイッチ その2

  ※「その2」の方が、映像がキレイ。


見ているだけで面白いのは、その構成に面白くも奇抜な工夫が凝らしてあるから。


「えぇ!マジかよ!」と思うことが多々ある。


後記でも他の面白い映像を紹介しているが、こういうものを見ていると思うことがある。

それは、「大人になるにつれて磨かれていく自分のある部分があることを実感している反面、それにつれて子供の頃に持っていた感情とか考え方を忘れている自分に気が付く」ということ。


中学生の時分に書いたデッサンとか絵をたまに見ると、「え!? こんなの描けてたんだ。。。」と、過去の自分に負けている気がして悔しい時がある。


正直、寂しい。


例えば、子供の描く「お父さん」とか「お母さん」の絵は素晴らしい。

ありえないところに鼻があったり、髪の毛が5本ぐらいしかなかったり、などなど。


見る人が見たら「変な絵を描くな〜。」と思うかもしれないが、俺の場合は"敗北感"とか"嫉妬心"とか、"焦燥感"が芽生える。

そして、常識にとらわれている自分に気付いて、ちょっと凹む。

新しいことを取り入れたり、鋭利に仕上げていきつつも、こういう面は忘れないでいようと想う。


[後記]
こっちも面白い!

 10本アニメ「一本でできること」


小さい子どもに「おもしろい!」と思ってもらう映像を作る事は、実は大人を「面白い!」と思ってもらうことよりも難しいと想う。


[追加]
大好きなヴィレッジ・ヴァンガード(遊べる本屋)で流されっぱなしの「ピタゴラスイッチDVD」にはまった。

写真は、その同期。
後姿が、ドンマイ感満載。

pitagora.jpg
posted by hata at 23:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

甘い言葉でやせぐすり

京都は東寺の近くにて撮影。

yaku.jpg


韻を踏んでないのに、何故かリズムが良い。
そして何より、シンプルの一歩手前ぐらいで言いたい事を伝えているのがまた良い。


[後記]
そして、頭に残るのが尚良い。

が、少しドスが効きすぎている感がある(笑)
posted by hata at 22:23| 京都 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

往年の名作「スーパーマリオブラザーズ」、あの濃い内容でわずか40キロバイト

タイトルどおり、あの超有名なファミコンソフト『スーパーマリオブラザーズ』が、何とたったの40キロバイトのプログラミングでできていたらしい。

 往年の名作「スーパーマリオブラザーズ」、あの濃い内容でわずか40キロバイト


40キロバイト・・・。
俺の持っているFlashメモリは4ギガバイト。

 ●1メガバイト = 1000キロバイト
 ●1ギガバイト = 1000メガバイト = 1000×1000キロバイト

最近じゃ「ギガ」が当然の単位になっているIT業界からすると、40キロバイトなんて爪の垢程度の容量だ。


たったその程度の容量に、あの豊富な内容がこめられているとは・・・。
作った人は、物凄いと思う。
(勿論、企画した人をはじめ、製作に携わった全ての人がすごいのだが。)


因みにファミコンだが、その当時では物凄いスペックだった。
なんだったかな?
NASAのロケット?衛星?よりも高性能だったはず。。。(忘れてしまった・・・。)

ある種、感動を覚えた。


[後記]
類似でこういうものも発見。

 わずか565バイトテトリスのプログラミング解説
posted by hata at 23:31| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

妊婦受け入れ拒否件数

妊婦の受け入れ拒否件数(一人の妊婦さんが拒否された回数)が、

 3回以上拒否された : 667件!
 5回以上拒否された : 220件
 10回以上拒否された : 45件

にのぼったと、ニュースで放送されていた。


どうやら、ポイントは”かかりつけの医師がいるかいないか”らしい。

他のニュース(番組)では、産婦人科のおかれている状況が悪いとのこと(何で悪いかは忘れてしまった・・・)。


少子高齢化が嘆かれている現代で、新しい生命の誕生する瞬間を拒否する件数が多いのは、どういうことだろうか?
posted by hata at 21:44| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。